アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


診察へ行ってきました。
の言った通り、話をよく聞いてくれてお薬をあまり出さない先生でした。
紹介状や時系列もじっくり読んでもらえました。
まだ前の病院でもらったお薬があるので、
今回は診察のみでお薬は出されませんでした。

そしてやっぱり。
「お酒は1番よくないですね」
また釘さされました(´;ω;`)
それと、行動を促すようなお話をもらいました。
「(ここにかかるとなると)時には聞きたくない事も聞くようになるけど、
 その辺りは覚悟しておいてね」

とも(´-ω-`)ぁぅ・・・

物静かな先生でしたが
それでも私はびくびくしてしまい、
先生の言葉に落ち込み、
疲れと共に不安が渦まいてずどーんと。

夜のカウンセリング、、、行こうと思います。
臨床心理士の先生は飲酒について「多少は必要」と言ってくれるので
そこでちょっと元気をもらえたらいいなぁ、なんて。
(またこずるい考えですが・・・)
行かないでいるとかえって落ち込みから抜け出せない気がします。。。

今度こそ、減薬・断薬したいです。
お酒その他もやめられたら、、いいな・・・(´・ω・`)←弱気


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking

医師の先生としては「飲酒は厳禁」と言うのが当たり前で、
臨床心理士の先生としては「本人の向上心を尊重」するのも頷ける。
頭では解ってるんだけど、
「お医者さんには怒られるから恐い。
 でも臨床心理士の先生に甘えるのはよくない」
って考えてしまう。。。

いつから取り付かれちゃったんだろう。
やめられるんだろうか。
いや、やめようと思える程意思の強い人間になれるんだろうか。
甘ちゃんなんだな、結局・・・(´-ω-`)アァー・・・
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/21(木) 00:17:30 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/806-ad61e45b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。