アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


今日の散歩の間に、詩を創りました。
今清書もどきをしてサイトに載せてみました。
自分でびっくり。明るい詩です。
哀しい詩を書くことが多い私は、「楽しい詩」が苦手でした。
書いても書いても…違和感。駄作。ほとんど消してしまいました。
でも今回はしっくり来た感じ。
(まぁ、しばらく経ってやっぱり嫌になるのも多いですが)
いつもは書いてすぐ出したりしないのですが、今回はちと勇気を出して。

前置き長くなっちゃった^^;
テーマは…飾らない自分になる、かな。嘘とか建前とかお世辞とかを無くす、と。
では、続きに書きます↓


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking

化粧
からり ころり
重い硬い鎧がひとつずつ落ちてゆく
私の体の上で塗り固められた黒い鎧
内側には棘が生え 外では美しく光っていた鎧
まだ足元に転がる冷たい金属
でも いつか溶けて消えるだろう
夜が明けて暖かくなってきたから

私がまとうのはひどく汚れた布だけ
長い間着ていたそれは黄ばみごと身体に張り付いて
剥がすと皮膚まで傷ついてしまいそう
でも 少しずつ脱いでいく
ひらり ふわり
こびりついていたら濡らしてふやかせばいい
切っても破っても構わない
そうして最後には裸になって 綺麗に洗ってしまえばいい
もう、何もまとわなくても私は消えない


兄様にね。嘘つかなくていいんだよって言われました。
うん、、、当たり前だよね。でも、人の顔色をどうしても見ちゃってた。
今も…完全になおってはないけど、なおる方へ向かってる気がする。
私って何だろう。自分って何だろう。
それは…まだわからない。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/78-972a0ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。