アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


何度も言うようだけど、私は「心が参ってしまった」理由が無い。
家柄も、周りの人々も、環境も、さして「悪かった」とは思わない。
年の離れた末っ子目一杯甘えて育ち、
楽な方へ流れようとするずるい私を誰も咎めなかった。
いじめや虐待、暴力等のトラウマも全く無い。
寧ろ私は人よりも恵まれた方だと思う。

でも・・・辛いと感じている。
昔から少しずつ、募っていった気がする。
これと言って原因は無い。
ただ何となく、苦しい。

心の苦しさは人によって形が違う。
階段や穴の人もいるだろう。
私は、例えるなら下り坂。
傾斜の緩い、果てしなく永い下り坂。
そしてその坂は、私自ら創っているもの。

「辛い」と思うためには、まず原因がある。
それを受け、ストレスを感じる。
このストレスの大きさは人によって違う。
そしてその大きさに対して、
自分の観点から見て「大きい」と思ったら、
「辛い」と思うんだろう。

「弱い」人は原因に対してストレスが大きい。
だから彼等は悪くない。
私は違う。
「大きい」と思う大きさが小さすぎる。
さほどストレスを感じなくても「辛い」と思う。
これは弱さではなく、我が侭。

人は成長するにしたがって社会の大きさを知り、
ストレスも増える。
徐々に徐々に。
だから我が侭な私は下り坂にはまってしまう。

「1人暮らしがしたい」と思っているけれど、
これは根本的な解決ではない。
寧ろ いざ社会へ出た時のストレスを全て大きく感じてしまう。
経済的な理由の他にも、1人暮らしについては問題がある。
これも、楽な方へ流れたいという意識からだろう。
スポンサーサイト


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/669-317bb327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。