アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


予告どおり、あの後すぐに出発しました。
厚手の上着ははおっていったものの、
とても寒かったです。
耳あてと手袋とマフラーも欲しくなりました。
でもこの寒さも「罰」のひとつだ・・・
なんてよくわからない理屈を浮かべて歩きました。

はじめは寒さだけに気がいっていたものの、
慣れてくると他のところにもまわるようになりました。
「指、思い切り曲げたら折れるのかな」
(もちろんチキンなのでできない)
「車だ・・・今飛び出したら死ぬかな」
(自殺願望はありません)
「帰ったらあれやらなきゃ、これやらなきゃ」
「早く部屋に入って切りたい」
「もう嫌だ。早く帰りたい」
とにかく苦痛でした。
夏ごろウォーキングをしていたコースと全く同じ道のりなのに、
こんなにも気持ちが違うなんて。
綺麗な景色や植物にも出逢いませんでした。
いや、、、半ば意識的に見ないようにしていたんだと思います。

ずっとうつむいてなるべく視界を狭め、
誰とも目をあわさないようにしました。
休日の朝と言えど車もあり、
子供のはしゃぎ声も聞こえました。
鳥や虫の鳴き声、草叢がすれる音。
全てが騒音に思えて、
人とすれ違う時には早歩きになり動悸がしました。

久しぶりの散歩は苦痛だらけの外出となりました。
いいの。罰だから。ダイエットにもなるから。体のためだから。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking

「罰してほしい」という声は時々聞きます。
でも私はそうは思わない。
「どうか許さないで」と思います。
罰するということは、それで帳消しにする事・・・許す事だと思うから。

私を許してほしくない。
憎んで。
恨んで。
そして私を傷つけて。
決して罰したりしないで。

どうしてそう思うかは判りません。
人に嫌われるのは怖いです。だから距離もとります。
なのに、、、「許さないで」と思ってしまう。

まだ、カタカナ表記だけど。
「ユルサナイデ」
頭の中に言葉が浮かぶだけ。
「シンデシマエ」の時と同じです。
これ、何だろう。昔から時々あります。
私の意識の中に新しい何かが芽生えているんでしょうか?
それとも、何かに侵食されかけているんでしょうか?
少し怖い心持ちです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/470-cf070e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。