アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


中学のころから不定期に日記を書くようになって、いつのまにか愚痴や暗い詩ばかり書くようになりました。
今見ても感覚が蘇ってくるようで痛々しい。。。
その捌け口として、このブログに一部公開していこうと思います。特に暗い内容なので苦手な方は注意。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking

2004年4月20日ごろ
友達なんていらない
恋人なんていらない
恩師なんていらない
1人に負けない自分があればもう何もいらない
全てを失ってみたい
全部を殺してしまいたい

日時不明
心のヘドが たくさんあって
出てきて、ね
とまらないの
かくしてきたの でも
もう いいの
失う物なんて
無いから。

日時不明
ばか。
みんな死んでしまえ
もう 何も
だから
死んじゃえ
死ね
殺してやる
欲しいものはひとつだった
でも
もういらない
(たぶん、「欲しいもの」はルイのことです。あんま覚えてないけど。
 ルイは妄想の人物。自分でもわかっていながら度々浸ろうと
 必死になっていました。中学あがる前くらいからルイを創り出し
 高1くらいまでひきずってました。
 ルイについての記事もおいおい書きますね。)


日時不明
おかあさん
うんでくれてありがとう
何もできなくて
ごめんね。
(ぐちゃぐちゃに汚れてるけど、あんまり記憶無いです)

2005年4月23日
うるさいなぁって何回思っただろう
やっぱりボクは子供なんだ
いいよ、もう
もう人前で泣いてもしょうがないから
しまっちゃえ
さよなら、みんな
帰ります、
ルイの所に。
もうがまんするもんか。
消えてしまえ
こんな世界
(中学の頃は一人称が「ボク」でした)

以上、中学生のころ。
今思えば既に鬱だったのかもしれない…
続きはまたの機会に。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/47-e2680a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。