アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


ここからの続き

相談学級は不登校生のための学級で、
生徒は20人くらいかな。
実際毎日通っているのは10人程度です。
所謂「問題児」とか「おかしい子」という生徒は目立たず、
普通の生徒と一見なんら変わらない人たちばかりでした。
学級は自由な時間に登下校でき(大抵の生徒は10時~16時くらいにいる)、
専用の校舎の中でスポーツやトランプ、お喋りなどをして過ごします。
基本的に自分の好きな事をします。1人でいてもいい。
授業は3年生の特定の期間、それも日に1時間程度のみで、自由参加でした。
先生は5人いて生徒の数と比べると多いですが、
生徒と先生の関係も至ってフレンドリー。
年に数回、キャンプやバザーなどのイベント(もちろん自由参加)があります。
一言で言えば「アクティブ系の自由な学級」。

唯一嫌だった時間は先生とのマンツーマンの面談。
(これは生徒全員が嫌がっていました)
個室に入り、1人の先生と2人でお話をします。
学級内の生活、心の底で思っている事、人間関係、将来、元の学校の事など、
大抵は「何でもいいから話してごらん」という感じ。
しかし話題が話題なだけに話しづらく、
私は途中で泣き出してしまう事も多々ありました。
人と話す事、とりわけ「面と向かって自分の奥底にある感情を表現する事」が苦手な私。
面談は正に地獄で、名前を呼ばれただけで緊張と不安で憂鬱になりました^^;
自分は「正当な」不登校生ではない、
ただの怠け・甘えで学校へ行かなくなったと思っていた(今もそう思っている)ので、
更に話すのは嫌でした。
話を誇張したりして何とか乗り切ったものの、気まずい。。。
多分先生方は気付いていたと思います。私が「正当」な不登校生でない事を。

それでも、それまで窮屈な学校生活をしていた私は、
そこで自由な行動ができとてもリラックスできたんだと思います。
(「何してもいいよ」と言われると逆に困ってしまう癖はまだ若干ありましたが^^;)
運動嫌いだったのにバドミントンが大好きになり、
内気の私にも友達ができました。皆明るく接してくれました。

そこで元の小中学校とは違う匂いの人間関係も学びました。
気まずいいざこざ等も少しあったものの、
ほとんどは私にとって新鮮で魅力的でした。
でも、、、免疫が無かったんでしょうね。
無意識に1人の友達に依存してしまっていました。
それが綾子です。

転校してから生活もガラリと変わり、
放課後や休日も街へ行って遊ぶようになりました。
人前へ出ている間のハイな感じな自分でいたかった、、んだと思います。
正直、街で遊ぶ事自体が楽しかったかどうか訊かれると答えに詰まります。
もちろん無理矢理誘われたわけでもないし、
その時は「楽しい」と感じていました。
綾子はもちろん、周りの友達は皆本当にいい人でした。
(あっけらかんと振舞っていたけど、やっぱり芯は繊細な人たちだったんだと思います)

丁度反抗期と重なったのでしょうか。。。
段々街で遊ぶ事がエスカレートしていきました。
夜中まで皆で呑んで騒いで補導されかけたり、
両親に無断で綾子の家に泊まったりしました。
(どちらも大事には至りませんでしたが、、、
 今から思うと大変な迷惑者でした^^;)
母から綾子へ依存の対象が移り、母には逆に反発するようになりました。

3年生になった頃でしょうか。。。
やがてそれも収まってきて、ようやく安定したという感じ。
ですが、それも長くは続きませんでした。

つづく
スポンサーサイト


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


この記事へのコメント
こんばんは。
中学の頃って色々ありますよね。
マンツーマン面談はイヤですよね。
なかなかしゃべりづらいこともありますし。。。

過去のことをこうしてブログに残しておくのもいいですね。
僕はあまり記憶が定かではなくなってきましたので、
振り返るといい思い出になっていくのかもしれませんね。

身体の調子はいかがですか?
あまり無理しないでくださいね(*^^*)
2007/11/17(土) 18:46:35 | URL | きゃっつ #Qce9IbQM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/461-a9fb3d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。