アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


先月の12日から25日まで、約2週間の間入院していました。

アルバイトの話を家族で相談したところ、
父から先に(ミーティングを行っている病院へ)入院して
少し気持ちを落ち着けてから始めたらどうかと言われました。
あまり気は乗らなかったのですが、ひとつの経験だと思って短期入院しました。

そこは依存症専門の病院で自助グループに似た活動を行っています。
朝晩のミーティングに加え、
教育プログラムや回復者のメッセージを聞く日もありました。

私はどう過ごしていたかと言うと・・・。
とにかく、言われたことをするだけで過ぎていった感じです。
入院して、決まった時間に寝起きして三食きちんと食べ(!)、
ミーティングもなるべく全て出席・発言しました。
「きちんとしすぎている」感はあり、学校生活とそれに対する自分の姿勢を思い出しました。
過食は入院中も止められてはいないのですが、
我慢できたのは前半の1週間だけでした。
(これだけでも拒食期を除けば新記録なのですが・・・)
普段と過食の仕方も違うので精神的にもあまり晴れず。
徐々に精神的につらくなっていったのですが、
スタッフの皆さんに相談しなきゃと思いながら結局最後まで言えずじまいでした。
ミーティングでも上辺ばかりの話しかできなかったような気がします。
何のために入院したのかとかなり落ち込んだのですが、
周囲の人たちは「課題がはっきりして進歩した」と捉えているみたいです。

私の問題点。
人に頼れないこと、
自分を曝け出せないこと。
多分、ここが大きいんだと思います。
これから仕事をする上でも重要なところだと思いますが、簡単に越えられそうにはないですね。

今日は元の病院に久しぶりに診てもらいました。
内科の検診もあったのでかなり時間がかかりました。
その血液検査では、
アルコールを2ヶ月ほど断っているお陰で肝臓の値が全て正常値に収まってくれました。
入院中3食きちんと摂り過食も(普段よりは)少なくなっているせいか
コレステロールなども改善されていました。
逆に怖くなるくらい結果がよかったので
次回の検査までにスリップしてしまわないか不安です。
これまで何度か断酒していますが、あまり長続きしていないので。

精神科の先生にも少し久しぶりに会いました。
ようやく・・・なのですが、障害者手帳と障害年金の診断書をお願いしてきました。
入院については、「頑張ったね」とのこと。
先生も前向きに捉えてくださったようです。
過食は、とにかく1度でも吐かないようにできるといいね、とのこと。
やはりアルコール同様1度吐くと習慣になってしまうので。
入院時にお薬が増えたのですが眠気が強いので戻してもらいました。

アルバイトへの不安と焦り、
入院の疲れとストレスのせいか鬱がまた強くなってきました。
過食しなければ仕事焦らなくてもいいのにな、とか。
考え方を変えればずっと楽になるのに、とか。
訳も判らず苦しいよりは、自己分析できているだけましかもしれないですね。
スポンサーサイト


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/1402-5bb8f3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。