アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


今日はお天気がいいので、散歩に出てみたらとまーさんからメールがありました。
久しくしていないお散歩。
体力も気力も落ちていて不安でしたが、
買う物があったので近くのお店へ行き、
大丈夫そうなら夕方に本格的に歩こうと思っていました。

その往路には進学塾があります。
壁がガラス張りの変わった塾。
さっき通りかかった時に、ちょうど授業をしていました。
中学生の数学、図形の問題。
一瞬見ただけで心臓がどくんと鳴りました。
その一瞬でその図形の細かい部分まで全て焼きつきます。
図形問題
(クリックで拡大できます)
ホワイトボードに書きながら男性の講師が説明しているようでした。

私は鼓動が速くなり、体が震え、目が泳いでしまいました。
思考がまわっていないみたい。
中学・高校の事が次々頭の中に浮かびます。
嫌な思い出も、そうでない思い出も。

目的のお店についたものの、
何を買うのか思い出せなくなりました。
メモを見て探しましたが、見つからず。
フラつきも出てきたので訳の判らないままカゴに適当に入れて会計しました。
ちょうどお財布の中身が少ない事に気がつき慌てましたが、ギリギリセーフ。

帰り道は下を向いてひたすら早歩きで。
こういう時に離人が出てくれたらいいのに、と思ってしまいます。
帰ってすぐに洗濯物を取り込んで、
シャッターを締め切ってお酒を飲んでいます。
弱い。
弱い自分、弱い意志。
でも怖かったの。

ごめんなさい。
スポンサーサイト


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/01(金) 02:13:16 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whichkimochi.blog107.fc2.com/tb.php/1055-121f6f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。