アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


ここ数日で段々よくなってきたので、
一昨日はちょっとぶりにお外へ出ました。
秋の気持ちいい空気(*^-^)
お散歩したいと自然に思えました。
その前日にスロージョギングについてのブログ記事を見ていて、
これならできるかも、と走ってみました。
フォームが難しいけど、普通に走るよりずっと長く走れそう。
ゆっくり走るって難しいですよね。
でも周りの景色も綺麗だし、と思って500mくらい走りました。
でも空きっ腹のせいかお腹が痛い・・・。
わき腹ではなくて内臓に負担が来てる感じ。
もうちょっと走りたかったけどやめました。

そうしたら夜になってひどい倦怠感がきました。
運動不足なのにジョギングは駄目だったかーと反省。
ちょっとの距離なんですけどね^^;

翌日になってもとてもだるくて起き上がれず、
夕方まで寝ていました。
とジムへ行く約束をしていたのですが
とてもじゃないけど行けない(;´Д`A ```
お休みしました。

夜にはフラッシュバックもきてしまい、
体と心はシンクロしているんだなぁとまた反省。
ちょっとよくなるととばしすぎてしまう(´・ω・`)

今日もだるいけど、
気分転換に半身浴してみました。
いっぱい汗かきました。
デトックスできたかな?(^ω^)

野菜や果物ばかり食べていましたが、
昨日は卯の花も食べられました。
ちょっとずつ食べられる物が増えるといいな(*'ω'*)


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

香織の「***はじめに***」のまねしてかいてみるね

訪問ありがとうございます。
日記や日々思ったことがあります?
・過食嘔吐、自傷行為(主に書いてからの気持ちとズレていることがあるため、自傷行為(主に書いていることなどをつれづれ書いています!
・過食嘔吐、自傷行為(主にリストカット)について表現する事があるため、自傷行為(主にリストカット)について表現する事があるため、現在の気持ちとズレてからの時間差があるため、自傷行為(主にリストカット)について表現する事があるため、現在の気持ちとズレていることなどをつれづれ書いています!
日記や日々思ったことなどをつれづれ書いています!
説明色々↓

*このエントリは、ブログペットの「ミモレット」が書きました。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


一昨日、カウンセリングへ行ってきました。
やっぱりお薬を飲むと翌日とても眠くてだるいです。
どんなに早くても午前中は確実にダウン。
そんな状態で行ったので待ち時間もずっと寝ていました。

カウンセリングでは家族のことを中心に話してきました。
やはり筆談では伝えきれないことが多いですね。
急いで書いているのに加え、ぽけぽけ頭状態なので誤字脱字がひどく・・・
今読み返しても恥ずかしいです^^;

昨日の晩、まーさんとメッセしていたら。
試しに声を出してみる練習をしたら、数分で出てきました!
24日ぶり・・・。
うまく喋れなくてかたことになっちゃったけど、
久しぶりにお話できてとても嬉しかったです。
でも今日になって家族と挨拶しようとしたらまたでなくなりました。
もっと練習しなきゃ。
大好きなカラオケに行きたいな。

「フォーエバーブルー 海の呼び声(通称FEB2)」にハマっています。
前作より更に面白いです。
個人的には深海ゾーンが増えたらいいなと思っていますが。
イベントが大幅に増えましたが、それでも足りないくらいやっています。
いつか本物のダイビングしてみたいな。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


起こった出来事をなるべく全て書こうとする癖で
余計にブログ更新が滞ってしまいます。
なので、ピックアップして書こうと思いました。

先週4日間、が先日訪れた施設へ宿泊しました。
ミーティングを重ねて、沢山のことを学べたと言っていました。
「これからは違う!」と意気込んでいます。
気持ちは嬉しいのですが、も燃え尽き症候群なので
ちょっとずつ、小さなことからやってほしいと思います。
勿論私も。

その第一環として、昨夜は家族会議を開きました。
祖母と、全員揃って。
私はパソコンで打ち込みながら、筆談ならぬ打談で参加。
今まで何度もこういう話し合いをして、
結局うまくいかなかったからあまり期待はしていませんでした。
でも今回は、
・少しずつ、ちょっとのことから始める
・具体的な決まりは敢えて作らない
・これからもちょくちょく話し合い、相談に限らず談笑する
という点で違ったと思います。
私自身、もしこれが上手くいかなくても
こうやって話し合ったことだけで意味があると思えるようになりました。

会議のなか、お互いに不満を述べたり批判することがありました。
私はとても恐ろしくて体が震えてしまったのですが、
ひがんだりすることなく、お互いにそれを受け止めていました。
誰かが嫌な思いをしたらどうしようと不安でたまらなかったのに
とてもさっぱりと場が流れていきました。

嬉しい昔話もありました。
嬉しくて、涙が溢れました。
皆とても頑張っているんです。
私も、自分から変わろうと改めて感じました。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


ミモレットは、カウンセラー訪問するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「ミモレット」が書きました。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


きょうミモレットがももちゃんと等分しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「ミモレット」が書きました。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


今日は久しぶりの雨でとても冷えますね。
長袖を着ていても寒いです。

3日前に、隣県にある依存症専門の施設を訪れました。
がカウンセラーから紹介されたところです。
とりあえずどんな場所か見てみることになりました。
主に摂食障害について、の話も交えながら筆談で説明しました。
ここでは入院治療が中心となっていて、
なるべく患者さんの自由に生活するのが方針のようです。
外出も時間内なら自由、セッションの参加も非強制、など。
私は今のところ入院するつもりはないのですが、
もし入院するのなら病院よりこちらのほうがいいのかもと思いました。
の入院(正確には宿泊)が勧められました。
家庭内の環境を変えることが大切らしいです。
も短期間の宿泊を希望しています。
も承諾しているようですが・・・。
家事などはどうにかなるとは思いますが、私は家計が心配になります。
今の生活費のほとんどは食費になり、
その大部分は私が使っている状態です。
家族でお金を等分したら私が足りなくなるし、
かといって私が多くもらうのは不公平だと思います。
私が家計を預かって買い物を全部済ませるとしたら料理も必要になりますが
夜型の生活が直らないと三食出すこともできません。
悩みどころです。
の宿泊自体は賛成なのですが。

一昨日はいつもの病院で診察とカウンセリング。
初回のカウンセリングをまず受けました。
若い女性のカウンセラーさん。真面目そうな方でした。
これまでの経緯、どんなカウンセリングにしたいかを中心に話しました。
認知療法的にしたいと言ったのですが、
認知療法は向き不向きがあるそうです。
私は向いているのかなぁ。
また、なるべく隠さず正直に話したいと思ったのですが
無理して全部話す必要はないと言われました。
特に最初のころは、話せるところだけでいいそうです。
嫌なことがあったりつらくなると過食やアルコール、自傷に逃げて現実逃避してしまうと言ったら
現実逃避しらくなるほどつらいんですね、と。
すぐ逃げ出すような弱い人間だと思っていたので驚きました。
でも、、、普通の人だったら何でもないことばかりなのになぁ。

診察ではこの間の発作のことを中心に伝えました。
「しんどそう」と何度も言われました。
発作はてんかんだろうとのこと。
今声が出ないのはそのうちの「失声」にあたるそうです。
一過性のものと言われ安心しました。
もしかしたらお薬を飲まなくなって具合が悪くなったかもしれないので、
一度戻しましょうと言われました。
具合が悪いのでまた来週かかることになりました。
これで具合がよくなって、過食も減ってくれたらいいのですが。

今回の処方
 ラシックス20mg・・・朝食後
 オメプラゾン20mg・・・朝食
 グリチロン錠・・・毎食後
 ウルソ100mg・・・毎食後
 リーベクト顆粒・・・毎食後
 セロクエル50mg・・・就寝前
 レスリン25mg・・・就寝前


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


随分間があいてしまいました。
簡単に近況報告を。

1日、まーさんと東北サファリパークへ行きました。
休み明けでかなり空いていてびっくり。
大好きなアルビノが沢山いて、
動物たちと間近で接することができてとても楽しかったです。
ですが。

家に帰ってきてまーさんも一緒に家族と夕ご飯。
談笑が長引いて、途中から込み入ったお話も入ってきて
気がついたら夜中になっていました。
遅いのでまーさんを泊めることに。

久しぶりに沢山お話したこと。
昼間沢山動いて興奮したこと。
まーさん1泊で双方への申し訳なさ。
他にもあったと思います。

頭が混乱してきて離人が強く出たと思ったら、体がうまく動かせなくなりました。
何とか落ち着かせようとしたのですが
ついに声も出なくなって目線もぎょろぎょろ動き出して。
一昨年の12月、救急車に運ばれたときと似ていました。
これは危ないかも、と横になったのですが
動かない体で自傷してしまったり。

翌日、体が動くようになってきて一段落。
でも過食が益々ひどくなって完全夜型引きこもりになり、
まだ声も出ません・・・。

ひどい不安感や恐怖感、その他負の気持ちが溢れます。
怖い夢ばかり見ます。
眩暈・痛い妄想・フラッシュバック・動悸や冷や汗(おそらく低血糖気味)など。

明日は診療日とカウンセリングですが、不安要素はつきません。
今すぐにでも声が出そうな気もするのですが。

精神的なお薬を全て断ってから3週間ほど。
やはりお薬を飲まないと悪化するのでしょうか。
それとも、大波のせい?

また朝が来ます。
いっそこのまま起きていようかな。
あぁ・・・またドキドキしてきた。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


ミモレットは、霧雨も診療されたみたい…
でも、きょうミモレットは、拒否反応とか過食しないです。

*このエントリは、ブログペットの「ミモレット」が書きました。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


ひどく色鮮やかだった。
思わず目を覆ってしまったくらいだ。
でもこれは現実なんだ、と、私は懸命に言い聞かせた。
何故ならその物体を触って感じていたからだ。

誰もいない。
何もない。
だが、
この艶やかな物体は存在する。

そっと触ってみる。
ぷよぷよと弾み、やがて止まる。
どこにでもあるようで見たこともない物体だった。
私はそれを触り続けた。
特に興味があった訳ではないが
そうでもしないと私自身の存在が危ぶまれる気がしたからだ。
ぷよ。
ぷよよん。
可愛らしいとも思える。
だが、それが頼りだった。
其れが無かったら、私との絶対値が無くなってしまう。
私は莫迦みたいにそれに触り続けた。


ぷよん。
ぷよよん。
ぷよ、、、ぶよぉん。


変化など気にしないようになでくりまわした。

ぶよよ・・・どよん。

ぱん。

それは、

壊れてしまった。

限界がある。
それは、物体でもそうだ。
判っていた。
でも、信じたくなかった。
それでも壊れてしまった。
私の、唯一の物体が。

ぱん。

もう触れるだけでざらざらという触感で、
あからさまに私を拒絶する。

あぁ、壊れてしまった。

だが私はこれを望んでいたのではないか?
永遠などないとはじめから判っていたのではないか?
ざらざらを抱きながら落ちてゆく。

そうだ。

何もかも、いつかは傷つき崩れてゆく。
判っていた。
頭ではわかっていた。
ただ驚いただけだ。

大丈夫だ。

崩れた欠片を拾ったりはしない。
ただ呆けて、空しく泣いて、時が過ぎるだけだ。
やがて何もなかったように思えるだろう。
そうでないと限りあるわれらは生きてはいけないのだ。
それだけだ。

それだけだ。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


雨が嫌いな訳じゃない、と思う。
だが考えてみれば体調が芳しくないのは大抵雨の日だ。
今日は足の傷が痛むと思ったら、霧雨が降ってきた。
気もあまり進まないが、他にやることもないのでいつもの時間に出た。
傘がなかった。
そういえば雨の日は外に出ないからもうずっと使っていなかった。
しっとり濡れたまま入ろうとするとドアからぬっと白い腕が突き出た。
薄いタオルを無言でくれたのだ。
僕はそれを無愛想に受け取り、さっと身体を拭った。
今日も先を越された。
あの子は一体何時にこの店に来るのだろうかと思う。
何となく話しかけづらくて黙っていたら、通いだしてもう1ヶ月が過ぎてしまった。
今日も、変わらず僕もあの子もただその店にいた。

古ぼけた、あまり綺麗とは言えない骨董品店。
別にこういう趣味はない。
店の主人と親しい仲でもなく、特別居心地のよい空間な訳でもない。
たまたま入ったこの店に何となく吸い付いてしまったようだ。
初めて来た日にもあの子はいた。
色白で細身の、全く喋らない女の子。
手入れをすれば綺麗だろう長い黒髪のせいで顔はあまり見たことがない。
ここの主人とは似ても似つかないので、親戚でもないだろう。
最近気がついたのだが、いつも同じブレスレットをしていた。
大事なものなのかもしれない。

いつの間にか知らない商品があった。
こういう店はあまり品が変わらないのでふと目に留まった。
それは梟の木彫りの置物で、不必要な程大きかった。
割と古いらしく、それがいい味を出していた。
大きくぎょろついた瞳が無言で見つめてくる。
目新しいせいか思わずしゃがみこんで観察していた。
それほど退屈な店なのだ。

ふと後ろに熱気を感じ振り返ると、
その少女が梟のように突っ立っていた。
下から見上げて初めてその目を見ることができた。
地味な一重瞼だが、
妙な目力というか存在感のようなもので胸を貫かれた。

何も言わない。
ただずっと見つめ合う。
睨むでもなく、かと言って好意的なわけでもなく、
当たり前のように、純粋に目を合わせていた。

梟のような娘だと思った。
そして気づいた。
自分もこの子と同じ梟なのだと。
同じ暗闇を住処としているからこそ、
これほどまで違和感なく同じ場にいられるのだと。

癒された訳でもない。
興じた訳でもない。
ただ何となく、これからもこの店に通うのだろうと感じた。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。