アルビノ
ほんとの気持ちはどれだろう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


今朝はまたぐっと冷え込んだ。
厚手の靴下のせいでスリッパが窮屈になる。
それが脱げないようつっかけながら階段を下りる。
コーヒーを入れていると横から今日もガタガタを音がする。
私はそれを無視してさっさとこたつへ入る。

おはよう

いつものように、それに話しかけた。
私はまだ妻が死んだことを信じられず、
しかしもう彼女はいないと認めない訳にはいかず、
結局のところ彼女の写真をこたつに置くしかなかったのだ。
小さい枠の中で微笑む妻はまだありありと感じられる。

テレビをつけると、豪雪に注意すべき地域が読み上げられていた。
このあたりはさほどひどくないそうだ。
雪は孤独に、閉鎖的に、そして家庭的な気持ちにさせる。
今はそれがとても幸せに感じられた。
彼女と二人きりにさせてくれるからだ。

体が抵抗するが時計に逆らえず、
のそのそと朝食を作る。
と言っても不精な一人者の朝食である、
レタスと魚肉ソーセージ、あとは白米に生卵をかければ十分である。
外葉は捨てない。
私は野菜が好きだが、固いものやえぐみのあるものは好まない。
が、それは別に役割を持っていた。

がたがたとまたケージをゆらす茶色の獣にそれを与えた。
彼は少し匂いを確かめ、
微かな音をたてながら噛り付いた。
兎は別に好きな訳ではない。
犬や猫ならまだ愛着が湧くが、兎は特に魅力を感じる対象ではなかった。
しかし生き物を捨てるというのにも、
彼女を知る存在を手放すのにも抵抗があった。

暫くテレビを見ていたらいつの間にか彼は食べ終えていた。
また催促されるだろうと思った。
彼女は欲しがられたら幾らでもやってしまうから、
こいつはぶくぶくとここまで太ったのだった。
が、いつまで経っても何も言ってこない。
丸まって寝息をたてだした。

私は一度も追加してやらなかったが、
こいつは毎日催促していた。
だが今日はそうではなかった。
学んだのだ。
いくら欲しても何も出てこないと。
或いはもっとくれていたことを忘れてしまったのだろうか。

私は兎にさえ置いていかれた気持ちになった。
彼女は、
沢山の葉をくれた彼女は、もういないのだ。
私も学ばなくてはいけない。
思い知らされなくてはいけない。

すっかりぬるくなった一口分の残りのコーヒーを飲み干し、背広を羽織った。




久しぶりの小説です。
(実はちょっと前に短いものを載せましたが^^;)
一発書きなので後で訂正入るかもしれません。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

ひどく色鮮やかだった。
思わず目を覆ってしまったくらいだ。
でもこれは現実なんだ、と、私は懸命に言い聞かせた。
何故ならその物体を触って感じていたからだ。

誰もいない。
何もない。
だが、
この艶やかな物体は存在する。

そっと触ってみる。
ぷよぷよと弾み、やがて止まる。
どこにでもあるようで見たこともない物体だった。
私はそれを触り続けた。
特に興味があった訳ではないが
そうでもしないと私自身の存在が危ぶまれる気がしたからだ。
ぷよ。
ぷよよん。
可愛らしいとも思える。
だが、それが頼りだった。
其れが無かったら、私との絶対値が無くなってしまう。
私は莫迦みたいにそれに触り続けた。


ぷよん。
ぷよよん。
ぷよ、、、ぶよぉん。


変化など気にしないようになでくりまわした。

ぶよよ・・・どよん。

ぱん。

それは、

壊れてしまった。

限界がある。
それは、物体でもそうだ。
判っていた。
でも、信じたくなかった。
それでも壊れてしまった。
私の、唯一の物体が。

ぱん。

もう触れるだけでざらざらという触感で、
あからさまに私を拒絶する。

あぁ、壊れてしまった。

だが私はこれを望んでいたのではないか?
永遠などないとはじめから判っていたのではないか?
ざらざらを抱きながら落ちてゆく。

そうだ。

何もかも、いつかは傷つき崩れてゆく。
判っていた。
頭ではわかっていた。
ただ驚いただけだ。

大丈夫だ。

崩れた欠片を拾ったりはしない。
ただ呆けて、空しく泣いて、時が過ぎるだけだ。
やがて何もなかったように思えるだろう。
そうでないと限りあるわれらは生きてはいけないのだ。
それだけだ。

それだけだ。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


雨が嫌いな訳じゃない、と思う。
だが考えてみれば体調が芳しくないのは大抵雨の日だ。
今日は足の傷が痛むと思ったら、霧雨が降ってきた。
気もあまり進まないが、他にやることもないのでいつもの時間に出た。
傘がなかった。
そういえば雨の日は外に出ないからもうずっと使っていなかった。
しっとり濡れたまま入ろうとするとドアからぬっと白い腕が突き出た。
薄いタオルを無言でくれたのだ。
僕はそれを無愛想に受け取り、さっと身体を拭った。
今日も先を越された。
あの子は一体何時にこの店に来るのだろうかと思う。
何となく話しかけづらくて黙っていたら、通いだしてもう1ヶ月が過ぎてしまった。
今日も、変わらず僕もあの子もただその店にいた。

古ぼけた、あまり綺麗とは言えない骨董品店。
別にこういう趣味はない。
店の主人と親しい仲でもなく、特別居心地のよい空間な訳でもない。
たまたま入ったこの店に何となく吸い付いてしまったようだ。
初めて来た日にもあの子はいた。
色白で細身の、全く喋らない女の子。
手入れをすれば綺麗だろう長い黒髪のせいで顔はあまり見たことがない。
ここの主人とは似ても似つかないので、親戚でもないだろう。
最近気がついたのだが、いつも同じブレスレットをしていた。
大事なものなのかもしれない。

いつの間にか知らない商品があった。
こういう店はあまり品が変わらないのでふと目に留まった。
それは梟の木彫りの置物で、不必要な程大きかった。
割と古いらしく、それがいい味を出していた。
大きくぎょろついた瞳が無言で見つめてくる。
目新しいせいか思わずしゃがみこんで観察していた。
それほど退屈な店なのだ。

ふと後ろに熱気を感じ振り返ると、
その少女が梟のように突っ立っていた。
下から見上げて初めてその目を見ることができた。
地味な一重瞼だが、
妙な目力というか存在感のようなもので胸を貫かれた。

何も言わない。
ただずっと見つめ合う。
睨むでもなく、かと言って好意的なわけでもなく、
当たり前のように、純粋に目を合わせていた。

梟のような娘だと思った。
そして気づいた。
自分もこの子と同じ梟なのだと。
同じ暗闇を住処としているからこそ、
これほどまで違和感なく同じ場にいられるのだと。

癒された訳でもない。
興じた訳でもない。
ただ何となく、これからもこの店に通うのだろうと感じた。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


かなり久しぶりの短編小説ですね。
ちょっとイマイチかなぁと思っているのですが、一応うp(笑)


早くしないと商談に遅れる。
しかし知らない街でどうにも道が判らない。
俺はフランス語もできない。
その時ふと右手に「案内」と日本語で書かれた看板を見つけた。
胸をなでおろして駆け込んだ。
随分狭くて暗い、乱雑な部屋だ。店とすら思えない。
暗がりの中からのっそりと老婆が現れた。
「あんた、中国人かい?」
日本語で訊いているくせに何を、と言うと
「へぇ。で、何のようかね」
と言った。
道案内に決まっていると答えるとこつこつ笑い、
「そうかい、ここは案内所かい」
と続ける。おかしな奴だ。
「でもその必要はないよ。
 いくら街が変わっても空や風は変わらない。
 音と匂いも残っている」
らちがあかないと外へ飛び出し乱暴に扉を閉めた。
小雨が降り出した。
せめて傘を借りようとあの店の前へ戻ると「傘屋」と日本語で書かれた看板がかかっていた。


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


↓微グロなので収納しますでし。
追記

****


****
応援ありがとうございます。
FC2Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。